転職の面接方法は個人面接

転職面接では個人面接が一般的です。

新卒面接によくある集団面接も皆無ではありませんが非常に稀なケースとなっています。

これは転職面接では、会社に在籍しながら転職活動を行っている人が多く、在籍中の会社の人に転職活動が見つかると様々な不都合(出世・評価・人間関係など)が起こる可能性があることから、転職面接では転職希望者のプライバシーを尊重すべく、多くの企業で個人面接を行っています。

また、転職面接において企業が求めているのは基本的に即戦力となる人材ですので、転職希望者が即戦力で対応できるかを丁寧にヒアリングするためには個人面接のほうが向いているということもあります。

面接時間はだいたい30分〜1時間程度です。この時間を長いと感じるか、短いと感じるかは本人次第ですが、この時間内に自分のことを表現し、アピールできるかが勝負となります。

面接官は1〜3人が一般的です。人事部門(人事採用担当者、人事責任者)、配属先部門(配属先の採用担当者、責任者)、経営者(役員、社長など)が面接官となります。

新卒面接と違い、面接官に配属先部門の担当者や責任者が出てくるのは、転職希望者の経験・スキルを詳しく把握し、即戦力として対応できるかを見抜くためです。また、採用後は同僚となるため一緒に働いていけそうか、組織に馴染めそうかなど、転職希望者の想定が及ばないような目線からもチェックしています。

おすすめの人材紹介会社・転職サイト

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

人材紹介会社 特徴
doda 業界大手。求人多く、あらゆる業界に精通。
dodaブランドでおなじみの総合人材企業。人材紹介以外にもテンプスタッフなどの派遣やアルバイト情報サイトのanなども手掛けている。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パソナキャリア 業界大手。パソナグループの総合力が強み。
総合人材企業パソナの人材紹介部門。日本全国に拠点があり、サービス体制が充実。グループ力を活かしたサービスが強み。上記2社で満足できない場合はこちらに登録を!

上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!

※転職成功者の多くは、複数の転職サイトと複数の人材紹介会社を同時に使い、転職活動をすすめています。

転職面接の基本知識

転職面接の質問例

人材紹介会社のメリット

大手の人材紹介会社