転職面接の自己紹介

自己紹介は転職面接では定番の質問です。ほとんどの企業の転職面接で最初に聞かれると思っていて間違いないでしょう。

自己紹介はあらかじめ準備していないとなかなか言えないものです。今いきなり「1分間で簡潔に自己紹介をしてください」と言われたとして、自己PRを交えながら的確にわかりやすく自己紹介できるでしょうか? そのため、転職面接に臨む前に必ず質問されるであろう自己紹介などはあらかじめ用意しておく必要があります。

転職面接における自己紹介の仕方

転職面接ではプライベートの自己紹介と違い、出身地や年齢、趣味などを言う必要はありません。転職面接の自己紹介では、これまでの職歴(職務経歴)と自己PRを中心に話します。

まずは職歴を話します。「どのような会社の、どの部署で、どのような立場で、どんな役割を担っていたのか」を具体的に話します。そこで面接官が職場環境をイメージできるようにします。その上でなるべく具体的な製品(サービス)名や数字を使って実績や成果を説明します。そこで面接官が仕事内容や仕事ぶりをイメージできるようにします。なお、職歴や経験社数が多い人は、メインキャリア(最も長い職種やアピールできる職種)を中心に説明し、アピールできる成果を具体的に話します。
仕事内容や仕事の成果を伝えると、今度は自己PRとして自分の強みを説明します。職歴同様に「職場ではどのような目的意識をもって仕事をし、その結果どのような成果を得たのか」ということを簡潔に伝えます。自己PRでは具体例なエピソードを交えることで、説得力をもたせることが大切です。

転職面接における自己紹介のポイント

  1. 職歴を話す (会社、職種、立場、役割、製品・サービス名、成果など)
  2. 自己PRで自分の強みを話す(目的意識、結果や成果など)
  3. 簡潔に話す。
  4. 具体的に話す。

自己紹介などはイメージトレーニングだけではなかなかうまく話すことができませんので、模擬面接などの実践トレーニングをできるだけしておいたほうが良いでしょう。人材紹介会社なら模擬面接や転職面接の様々なアドバイスを無料で行ってくれますので、まだ登録していない方は活用しましょう。

おすすめの人材紹介会社・転職サイト

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

人材紹介会社 特徴
doda 業界大手。求人多く、あらゆる業界に精通。
dodaブランドでおなじみの総合人材企業。人材紹介以外にもテンプスタッフなどの派遣やアルバイト情報サイトのanなども手掛けている。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パソナキャリア 業界大手。パソナグループの総合力が強み。
総合人材企業パソナの人材紹介部門。日本全国に拠点があり、サービス体制が充実。グループ力を活かしたサービスが強み。上記2社で満足できない場合はこちらに登録を!

上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!

※転職成功者の多くは、複数の転職サイトと複数の人材紹介会社を同時に使い、転職活動をすすめています。

転職面接の基本知識

転職面接の質問例

人材紹介会社のメリット

大手の人材紹介会社