面接の結果連絡について

面接を受けた後はやはり結果が気になると思います。面接の結果連絡は面接から約1週間前後が一般的です。ただし、企業や面接のフェーズ(1次面接・最終面接など)、応募者の人数によって面接結果の時期は異なります。また、絶対評価で判断する企業と他の候補者で比較する相対評価で判断するというように評価方法によっても異なります。面接結果の連絡は、電話か郵送というのが一般的ですが、最近はメールでいう企業もあります。

面接結果に時間がかかる理由

なぜ、面接の結果連絡の約1週間もしくはそれ以上の日数がかかるのかというと、企業に以下のような事情があるからです。

  1. なるべく全員の候補者と会って比較したい。
  2. 決済に時間がかかる。
  3. あまり早くに面接結果を連絡すると応募者に印象が悪い。

1、中途採用では募集人数が1〜2名と少ない場合がほとんどですので、企業としてはなるべく候補者全員と会って判断したいという気持ちが働きます。1次面接の場合に、あまりに時間がかかるようであれば、ひとまず次の面接へ進めることもできますが、最終面接の場合は複数の人に同時に内定を出す訳にもいきませんので、最終面接の結果は特に遅くなりがちです。

2、企業にとって人を採用するということは重要なことですので、役員等の決済が必要な企業が多いです。インターネットが発達した現在であれば、オンライン決済など昔に比べて決済にそれほど時間がかからなくなってきましたが、未だアナログな決済方法の企業も多いですし、役員は他の決済案件も多数ありますので、どうしても時間がかかってしまいます。

3、正直なところ、面接の結果は当日ないし翌日くらいに出ているケースがほとんどです。数日経ってその人の印象が変わるということはほとんどありません。時間がかかるのは迷った場合です。その場合は他の候補者を見て判断ということになります。特に極端に良い人あるいは悪い人というのはすぐに結果が出ています。ただ、不採用の人にすぐに不合格の連絡をすると、本当にちゃんと考えてくれたのかと企業に対して悪い印象を与えかねません。そのため、1週間くらい経って連絡をすると、熟慮の上判断してくれた感じがして、本人も納得しやすいということがあります。

面接結果が早い場合、遅い場合

企業によっても異なりますので一概には言えませんが、面接から1週間以内の早い段階で面接合格の連絡を受けた場合は、企業からのあなたの評価は高いとい言えるでしょう。
逆に、面接の結果連絡があまりに遅いという場合は、面接を通過する可能性が低い、もしくは他の候補者が多く存在するため、面接の期間が長期にわたっているという可能性があります。企業からの結果連絡があまりに遅い場合は、企業に直接連絡して状況を聞いてみても問題ありません。なかなか企業に直接連絡しにくいということがありますが、こうした場合に人材紹介会社を利用していると大変便利です。人材紹介会社に言えば、あなたの代わりに企業に聞いてくれます。しかも、第3者的に企業に言ってくれますので、本人が直接言うよりも波風が立ちにくく、より安心できます。

おすすめの人材紹介会社・転職サイト

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

人材紹介会社 特徴
doda 業界大手。求人多く、あらゆる業界に精通。
dodaブランドでおなじみの総合人材企業。人材紹介以外にもテンプスタッフなどの派遣やアルバイト情報サイトのanなども手掛けている。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パソナキャリア 業界大手。パソナグループの総合力が強み。
総合人材企業パソナの人材紹介部門。日本全国に拠点があり、サービス体制が充実。グループ力を活かしたサービスが強み。上記2社で満足できない場合はこちらに登録を!

上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!

※転職成功者の多くは、複数の転職サイトと複数の人材紹介会社を同時に使い、転職活動をすすめています。

転職面接の基本知識

転職面接の質問例

人材紹介会社のメリット

大手の人材紹介会社