転職面接のマナー

転職面接では、マナーや礼儀についてはできていて当たり前とされています。常識的な行動がとれない場合には、それだけで不採用となりますので、念のため、基本的なマナーは確認しておきましょう。

転職面接の基本的なマナー

  1. 面接会場への到着は5〜10分前 (あまり早く行き過ぎるのも迷惑です)
  2. 面接会場に着いたら携帯電話を切る。
  3. 企業の受付ではまず名前を名乗り、面接に来た旨を伝える。
  4. 控室では姿勢を正しくし、すれ違う人には軽く会釈する。私語は慎む。
  5. 名前を呼ばれたら「はい」と返事し、ドアをノックする。
  6. 返事があれば「失礼します」と一礼して入室する。
  7. 入室後はドアを閉め、名前と名乗り、挨拶を行う。
  8. 面接官から促されてから着席する。
  9. 着席時には背もたれを使わない。背筋を伸ばす。ひざは広げ過ぎない。
  10. カバンは足元の床に置き、イスに立て掛ける。
  11. 面接中は面接官の目を見ながら話す。
  12. 面接が終わったら、静かに立ち上がり、お礼を述べる。
  13. ドアを出る際には「失礼します」と一礼してから退出する。
  14. ドアの外に出てから室内に向かって一礼し、ドアを静かに閉める。

これらのマナーはあくまで参考例ですので、上記と少しでも違えば不採用という訳ではありません。マナーというのは相手(転職面接では面接官)が不快と思うかがポイントです。通常、きちんと挨拶ができ、姿勢を正しく、面接官の目を見てハキハキ話していれば、よっぽどのことがない限り、面接官が不快と思うようなことはありません。

よくあるマナー違反

  1. 携帯電話を切り忘れる。
  2. 声が小さ過ぎる。
  3. 面接官の目を見て話さない(これがマナー違反かはわかりませんが、このポイントで不採用となる場合が結構あります。)

このように転職面接のマナーを文字にすると大変そうに見えますが、多くの人が普通にやっていることです。特別難しいことは何もありませんが、心配な人は人材紹介会社に登録して、面談や模擬面接を行ってもらいましょう。そこでマナーなども確認してもらえます。

おすすめの人材紹介会社・転職サイト

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

人材紹介会社 特徴
doda 業界大手。求人多く、あらゆる業界に精通。
dodaブランドでおなじみの総合人材企業。人材紹介以外にもテンプスタッフなどの派遣やアルバイト情報サイトのanなども手掛けている。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パソナキャリア 業界大手。パソナグループの総合力が強み。
総合人材企業パソナの人材紹介部門。日本全国に拠点があり、サービス体制が充実。グループ力を活かしたサービスが強み。上記2社で満足できない場合はこちらに登録を!

上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!

※転職成功者の多くは、複数の転職サイトと複数の人材紹介会社を同時に使い、転職活動をすすめています。

転職面接の基本知識

転職面接の質問例

人材紹介会社のメリット

大手の人材紹介会社