転職面接の自己PR

自己PRも自己紹介や志望動機と同様に転職面接で聞かれる定番の質問です。

「自己PRしてください。」と直接的に言われる場合もあれば、「あなたの強みを教えてください。」と間接的に質問される場合がありますが、転職面接は自己アピールの場と考えて、積極的に自己アピールをするようにしてください。

転職面接における自己PRの質問例

転職面接で質問される代表的な自己PRの質問例を挙げてみます。

  1. ご自身のことを1分以内に自己PRしてください。
  2. あなたの強みを教えてください。
  3. あなたの特技は何ですか?
  4. あなたの長所を教えてください。
  5. 周りの人からどのように思われていますか?
  6. あなたを一言で表すと何ですか?
  7. 当社に入社したら、何ができますか?

上記以外にも自己PRに関する質問は多々ありますが、極端に言えば、転職面接ではどのような質問でも、最終的に自己PRか志望動機につなげるくらいの気持ちやアピール力があってちょうどいいと思います。

転職面接における自己PRの仕方

自己PRはこうしなければならないというものはありません。基本的に自由です。

ただし、いくら自由といっても、転職面接では業務に関係することをアピールするようにしましょう。

また、面接官は多くの応募者と面接するため、あなたの特徴を最も表わすことやセールスポイントなどをどれか一つに絞ってアピールすることが大切です。多くのことを自己PRしても、面接官の印象に残りませんので、1点に絞って、アピールするようにしましょう。

そして、自己PRをする際には、それを裏付ける具体的なエピソードと合わせて話すようにしましょう。

自分のPRポイント(強み)がいまいちわからない方は、あなたをよく知る人(できれば仕事上のあなたを知る人)に聞いてみましょう。また、人材紹介会社などのキャリアコンサルタントに相談してみても良いでしょう。人材紹介会社のキャリアコンサルタントは毎日数名の転職希望者と面談している転職やキャリアのプロです。その転職やキャリアのプロから見たあなたの客観的なPRポイントを聞いてみるのも良いでしょう。

おすすめの人材紹介会社・転職サイト

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

人材紹介会社 特徴
doda 業界大手。求人多く、あらゆる業界に精通。
dodaブランドでおなじみの総合人材企業。人材紹介以外にもテンプスタッフなどの派遣やアルバイト情報サイトのanなども手掛けている。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パソナキャリア 業界大手。パソナグループの総合力が強み。
総合人材企業パソナの人材紹介部門。日本全国に拠点があり、サービス体制が充実。グループ力を活かしたサービスが強み。上記2社で満足できない場合はこちらに登録を!

上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!

※転職成功者の多くは、複数の転職サイトと複数の人材紹介会社を同時に使い、転職活動をすすめています。

転職面接の基本知識

転職面接の質問例

人材紹介会社のメリット

大手の人材紹介会社