転職面接の逆質問について

面接官から一通りの質問を受けた後、転職面接の最後に必ずといっていいほど聞かれる「最後に何か質問はありますか?」という逆質問があります。

転職面接では第一印象と面接が終わる際の印象(最後の印象)、この2つの印象によって合否が左右されるといっても過言ではありません。

この最後の印象に大きくかかわるのが「最後に何か質問はありますか?」という逆質問に対する対応の仕方です。逆質問は、応募企業への意欲を示す最後のチャンスであり、自分の印象づける最後のチャンスです。

しかし、ここに大きな落とし穴があります。この逆質問は最後のチャンスの場ですが、逆に最大のリスクの場でもあります。転職面接の最後の印象を決める逆質問の場でいたづらな質問は禁物です。ここではそんな逆質問について考えてみます。

逆質問を行う面接官の意図

逆質問への対応を考えるためには、逆質問を行う面接官の意図を知る必要があります。

面接官が転職面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞く理由は以下の通りです。

  1. 応募者に説明し忘れていることがないかを確認したい。
  2. 応募者の本当に知りたいことがこの面接でわかったのかを確認したい。
  3. 応募者に対して面接の終了を暗に伝えるため。

以上からわかるのは、面接官それぞれの中では逆質問を聞く前の時点で、すでに合否の判断が出ているということです。また、合否の判断が完全についていない場合でも、大部分の評価は終わっているのです。

そのため、逆質問により合格から不合格となる場合は結構あります。しかし、逆に不合格から合格となるケースはほとんどありません。ここがポイントです。

つまり、逆質問に対する対応の仕方は、「いたづらな質問により合格から不合格になることを防ぐ」そして競った場合に備えて「面接官に良い印象を残す」ということになります。

逆質問でしてはいけない質問

いたづらな質問により、合格から不合格になることを防ぐため、逆質問でしてはいけない質問をまとめてみます。

  1. 休日や残業など福利厚生のことについて質問する。
  2. 年収について質問する。
  3. ホームページなどを見れば簡単にわかることを質問する。

これらがNGなのは、1〜2番については、職務内容よりも待遇面が判断基準になっていると思われる、3番については企業研究をしていないことがわかる(意欲が感じられない)からです。

1〜2番の待遇面は確かに大事な要素だと思いますが、企業からすると、まだ働いておらず、会社に何も貢献していないのに、待遇のことばかりを気にするのはけしからんという訳です。待遇面は内定後に出る条件提示の際にきっちり確認するようにしましょう。

面接官に良い印象を残す質問

面接官に良い印象を残す質問は、下記のように入社する意欲や心構えを感じる質問です。

  1. 「入社までに準備・勉強しておくべきことがあれば教えてください。」
  2. 「実際に社員の方にお会いしてお話しを伺う機会をいただくことは可能でしょうか?」
  3. 「御社で活躍するために、私のこれまでの経験やスキルで足りないものや補うものがあれば教えてください。」
  4. 「この仕事の大変なところとして心得ておくべきことは何でしょうか?」
  5. 「御社の社員として強く意識しておくべきことや心がけておくことは何かありますか?」

このような質問であれば、より良い印象を与えることができるでしょう。

また、あなたの中で特別確認したいことがない場合は、逆質問で敢えて質問をせずに「意欲や自己アピールを言う」ということも可能です。この方法は最もリスクが少なく、良い印象を与えられる方法です。

例えば、下記のように言ってみるのも良いでしょう!

「これまでの企業研究や今回の面接で御社のことはある程度理解できたと思います。当然、まだわからないことはたくさんありますが、それは御社に入社し、懸命に働くことによって、より理解を深めていきたいと思っています。」

さりげなく企業理解ができていることや入社の意欲をアピールしています。

このように、逆質問ではマイナスの印象を与えるような質問は絶対に避け、入社意欲や心構えなどをアピールできるようなことを言えば、良い印象で面接を終えることができます。

おすすめの人材紹介会社・転職サイト

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

人材紹介会社 特徴
doda 業界大手。求人多く、あらゆる業界に精通。
dodaブランドでおなじみの総合人材企業。人材紹介以外にもテンプスタッフなどの派遣やアルバイト情報サイトのanなども手掛けている。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パソナキャリア 業界大手。パソナグループの総合力が強み。
総合人材企業パソナの人材紹介部門。日本全国に拠点があり、サービス体制が充実。グループ力を活かしたサービスが強み。上記2社で満足できない場合はこちらに登録を!

上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!

※転職成功者の多くは、複数の転職サイトと複数の人材紹介会社を同時に使い、転職活動をすすめています。

転職面接の基本知識

転職面接の質問例

人材紹介会社のメリット

大手の人材紹介会社