退職交渉をサポートしてくれる

入社したい企業から内定が出ると、多くの人が喜びのあまり「これで転職活動が終わった」と思います。

確かに、次の勤務先を探すという意味では終了したことになりますが、
転職活動は次の会社に入社するまでが転職活動です。

現職の方は、今の会社に対して退職する旨を伝えなければなりません。

したがって、今の会社を円満に退職するまでは決して気が抜けないのです。

退職交渉で引き留めに合った際には

退職交渉をする相手は直属の上司です。
退職意思が伝わる一般的な流れは、
直属の上司→部門責任者→ 人事部長→役員という流れになります。

この流れのどこかで退職の引き留めに合う場合があります。

よくあるケースは、上司からの引き留められるケースです。

上司としては、部下に辞められてしまうと、売上げの面や評価の面でもダメージを受ける恐れがあるため、できる限り退職を抑えようとします。一時的な退職を食い止める為に、温かい言葉をかけ、考え直すことを盛んに勧めてきます。

一時的な情に流されて、転職のタイミングを失ってしまうのは、非常にもったいないことです。 なぜ自分は退職をしようと思ったのか。その本質の軸からぶれないことが重要です。

このように今の会社から強い引き留めにあった際に、どうして良いのかわからなくなる場合があります。

こうした時にサポートしてくれるのが、これまであなたの転職をサポートしてきた担当のキャリアコンサルタントやアドバイザーなのです。彼らはこれまでに何百人、何千人もの退職交渉を見届けてきていますので、退職交渉のアドバイスについても慣れています。あなたが迷ってどうしていいのかわからなくなった時、あなたが辛く苦しい時に、手厚くサポートをしてくれるはずです。

おすすめの人材紹介会社・転職サイト

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

人材紹介会社 特徴
doda 業界大手。求人多く、あらゆる業界に精通。
dodaブランドでおなじみの総合人材企業。人材紹介以外にもテンプスタッフなどの派遣やアルバイト情報サイトのanなども手掛けている。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パソナキャリア 業界大手。パソナグループの総合力が強み。
総合人材企業パソナの人材紹介部門。日本全国に拠点があり、サービス体制が充実。グループ力を活かしたサービスが強み。上記2社で満足できない場合はこちらに登録を!

上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!

※転職成功者の多くは、複数の転職サイトと複数の人材紹介会社を同時に使い、転職活動をすすめています。

転職面接の基本知識

転職面接の質問例

人材紹介会社のメリット

大手の人材紹介会社