転職面接の時間について

転職面接にかかわるさまざまな時間(到着時間、面接時間の長さ)について説明します。

面接会場に行く時間について

面接会場への到着時間は、なるべく面接予定時間の5〜10分前にしましょう。

企業側もスケジュールがあるため、あまり早く行き過ぎるのは逆に迷惑となります。面接会場が初めて行く場所で心配な方は、面接会場の最寄駅に早めに到着するようにして、面接会場の場所がわかったら、面接会場から少し離れた場所で休憩するようにしましょう。

また、面接時間ぴったりや1〜2分前に到着するのも避けましょう。面接官によっては常識がないと感じる人もいますし、本人にとっても、会場到着後すぐに面接となるため、心の準備ができないまま面接が始まることにもなりかねません。

面接時間の長さについて

一般的な転職面接の時間は、30分〜1時間です。

とはいうものの、面接時間は企業側の都合で決まりますので決まったものはありません。

企業の中には面接時間が15分程度のところもあります。ただし、面接時間が5分程度と短すぎる場合は、残念ながら不採用となることが多いでしょう。企業側からすると深い質問をすることなく、不採用と判断したということになりますので、第一印象が悪すぎるか、予め不採用と決まっていた(例えば、年齢や性別など)ということが考えれらます。

そのため、面接であまりに短い面接が続く場合は、服装や身だしなみ、挨拶、声の大きさなどの第一印象について考え直してみたほうが良いでしょう。単発の場合は予め採用する気がなかった(年齢や性別で選考することは就職差別につながるため、経歴上は見送るものがないためとりあえず面接をした)場合が考えられますので、気にしなくていいと思います。

一方、面接時間が毎回2時間という企業はあまり聞いたことがありません。さすがに面接で毎回2時間を使っていると実務の時間が足りなくなるのでしょう。ただ、転職面接で話が盛り上がって気が付けば2時間になっていたというケースはたまにあります。いずれにしても、面接時間が90分を超える場合は、企業にとって極めて重要なポジションの採用であることが多く、企業からすると経験やスキルだけでなく、人間性について深くチェックしたいと思っている場合が大半だと思います。

一般的に面接時間が長くなるほど「好感触」という感じがありますが、それは単なる時間の長さだけでなく、面接官とのやりとりが活発に進んだり、良い雰囲気が伴って初めて好感触と言えます。

中には、面接官が採否に迷ったため、いろんな質問をして面接時間が長くなったケースもありますし、面接官からの質問に対して、毎回、返答が長い場合も面接時間が長くなる傾向がありますので、ご自身で面接を振り返ってみましょう。

おすすめの人材紹介会社・転職サイト

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

人材紹介会社 特徴
doda 業界大手。求人多く、あらゆる業界に精通。
dodaブランドでおなじみの総合人材企業。人材紹介以外にもテンプスタッフなどの派遣やアルバイト情報サイトのanなども手掛けている。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パソナキャリア 業界大手。パソナグループの総合力が強み。
総合人材企業パソナの人材紹介部門。日本全国に拠点があり、サービス体制が充実。グループ力を活かしたサービスが強み。上記2社で満足できない場合はこちらに登録を!

上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!

※転職成功者の多くは、複数の転職サイトと複数の人材紹介会社を同時に使い、転職活動をすすめています。

転職面接の基本知識

転職面接の質問例

人材紹介会社のメリット

大手の人材紹介会社